ご好評につき受付終了
OUTDOOR CAMP は定員となりました。
Slider
CONCEPT
千波湖野遊びコミュニティ
水戸市民の憩いの場である「千波湖」。
千波湖やその周辺公園は、市街地にありながら、緑豊かで穏やかな時間が流れ、毎日たくさんの家族が集まる街のシンボルとも言える魅力的な場所です。

日本三名園としても知られる「偕楽園」に隣接する「千波湖」や広大な梅林、草原など含めた一帯は「偕楽園公園」として整備されており、
その広さはニューヨーク市のセントラルパークに次いで年公園として世界第2位の広さを誇ります。

湖には毎年多くの白鳥が飛来し、さまざまな水鳥や魚たちの生活の場となっています。

その他にも、水戸黄門像、湖畔に飾られている「デコイチ」(D51515蒸気機関車)、湖から勢いよく吹き出す噴水、ライトアップされた幻想的な夜景など1年を通し楽しみは尽きません。

また、千波湖とその周辺は江戸時代の頃から水戸の移り変わりとともに変化してきた大切な歴史・文化遺産でもあります。

そんな千波湖(千波公園)で、「キャンプ」といういつもと違った体験をすることで、その自然を肌で感じ、見て、考え、今まで見えてこなかった価値を知っていただくこと。
それを参加者の皆が共有することが重要です。
URBAN OUTDOOR 実行委員会
029-297-7739 urbanoutdoor.mito@gmail.com
Facebook
URBAN OUTDOOR
アーバンとは、都会的な、という意味。アーバンアウトドアとは直訳すると都会的な野外活動という意味です。

意味の通り、都会でもっと身近な自然を楽しもう、という想いが込められています。

「ソト」は人に色々な恵みをあたえてくれます。

庭やベランダ、屋上などで、くつろいだり、食事をしたり…もっと日常にアウトドアを取り入れて、もっと「ソト」を楽しみませんか??

今回の「URBAN OUTDOO CAMP!」の開催地である千波公園も、都会の身近な自然のひとつ。

「URBAN OUTDOO CAMP!」で、アーバンアウトドアデビューしませんか??
CONTENT
  • 千波湖で食を楽しもう
    地元産の食材を使用したBBQ・お餅つき、地元の飲食店の方々にも協力を仰ぎアウトドア料理の講習等を行います。
    大自然の中での食事の味は格別!
    バーテンダーがカクテルを振舞う星空BARも開店。星空の下で本物のカクテルを楽しみましょう!
  • 千波湖で体を動かそう!
    普段よりウォーキングやランニングをする方も多い千波湖ですが、千波湖の歴史や千波湖に住む生き物などに学びながらのウォーキングや、朝ヨガ・ストレッチなど、健康を意識したコンテンツもご用意します。

  • 防災にも役立つ!初めてのCAMP経験
    テントの設営やアウトドアの知識をCAMP初心者の方に伝えます。
    テントをお持ちでない参加者の方にはレンタルも行います。

  • 八溝材でコースターを作ろう!
    八溝山周辺の山で伐採された材木のことを八溝材といい、関東きっての良材として木材業界では高い評価を受けています。
    茨城にこのような誇れるものがあるということをたくさんの方に知ってもらう為に、八溝材を使ったコースターづくりなどのワークショップを行います。

  • 千波公園に灯りをともそう
    普段は暗い千波公園の広場に、優しいキャンプの灯りをともしましょう。
    思い思いの灯りで、キャンプサイトを彩れば、湖と、遠くの街の灯りと相まって、幻想的な雰囲気になること間違いなし!プロによるドローンでの空撮も実施します。
    キャンプサイトを撮影し、フォトコンテストも開催します!
  • 自然と暮らしについて語ろう!
    実行委員・参加者みんなで炭火やランタンを囲んで輪になり、千波湖などの自然・暮らし・教育などについて語り合います。
    市民のコミュニティーを強化し水戸市をさらに楽しむきっかけを作ります。


PHOTO GALLERY
COMMUNITY
親子の共同作業
塾や習い事などサービスも向上し、親が見守ることが増え、今の時代親子共同作業をする機会は少なくなってきています。
そんな共同作業はOUTDOORではたくさんあります。
・テントを張ること
・調理場を作ること
・炭火の火を起こすこと
・料理をすること
・一緒に食べること
・一緒にねること
すべての教育において親とのコミュニケーションは一番大切なことと考えています。
自然を学ぶ
今や、住まい(住宅)は快適そのもの。
夏涼しく、冬暖かい・・・ではなく、自然と共に暮らす体験で、季節の移り変わりを学んで欲しい。
オール電化が進んだ今、もはや火を見る機会はほとんどありません。
実際に火を起こし、温かさや危険性を感じ、また、直火での料理などを体験することで、火の大切さを知り本当の自然志向を学んで欲しい。
また、千波湖には野鳥や水鳥をはじめ、虫や魚などたくさんの生き物が住んでいます。キャンプは多くの生き物をみて学ぶ機会でもあります。
楽しく料理しながら食も学ぼう
青空のもと、親子で料理をたのしみながら、茨城の食の勉強をしよう!
時間に追われないCAMP。
茨城で採れる野菜や名産品など食材の話しを楽しみながらゆっくり調理し食事の大切さを学びながらコミュニケーション力を高めましょう!
炭火囲めば、大人も子供も素直になれる
家族だけでもよし、友達家族と一緒に囲むのもよし。
火を見つめながら話しをすると、自然と心からの話しができます。
子供と未来について語る、今について語る、子供同士で語る、大人同士で語る。
この環境に勝るコミュニケーションの場は中々無いと思います。